株式会社 芳和精機

制御モーター(産業機器ロボット)、旋盤加工、フライス加工の複合加工による金属加工の株式会社芳和精機

HOME»  会社案内

会社案内

私達は、技術と精度で未来を語ります。

 

ごあいさつ

ごあいさつ

 当社は昭和43年4月精密製造業として創業以来、旋盤加工メーカーとして技術の確立を図ってまいりました。特に1997年以降積極的な設備投資を行い業務の拡充と経営安定のためのバランスの取れた受注体制の確立を目指し現在は、産業機器関連・事務機器関連・光学機器関連・自動車機器関連等幅広い生産活動を行っております。
経済環境のグローバル化に伴い海外進出を計画。2001年5月中国大連市開発区に独立資本による「大連芳和精密機械有限公司」を設立。NC旋盤を中心に省力化された最新鋭の生産設備を保有し、現地日系企業よりの受注の拡大を図っております。
取り巻く経済環境の激変に伴う様々な課題に正面から向き合い、この度、2008年12月に「第三工場」を建設し、金型設計・金型製作・ダイカスト鋳造・切削の一貫生産を可能と致しました。
お客様のニーズにあった物造りを目標に、より柔軟性を持った判断とスピードある対応をする事。此れが私共の活動方針です。TQCに裏付けされた製品の御提供は勿論、低コスト・短納期を実現する基盤作りを目指し整備された環境の中で着々と経営理念に向け活動しております。
創業以来40年間頂きました信頼を更に高め御期待にお応え出来ます様邁進して参ります。ご愛顧賜ります様宜しくお願い申し上げます。

 

会社概要

商号 株式会社 芳和精機
本社所在地 〒399-3705
長野県上伊那郡飯島町2601-3
TEL:0265-86-5050(代)
FAX:0265-86-4280
第2工場 〒399-3701
長野県上伊那郡飯島町田切3239-127
第3工場 〒399-3704
長野県上伊那郡飯島町本郷2333-1
0265-86-5051
創業 1968年4月
株式会社設立 1968年7月
代表取締役 桃澤克芳(昭和19年生まれ)
代表取締役専務 桃澤清志(昭和48年生まれ)
資本金 6,600万円(09年6月1日増資)
従業員数 グループ180名
主なお客様 【日本】
株式会社安川電機
日本発条株式会社 伊那工場
株式会社キャノン
コニカミノルタ株式会社
ミネベア株式会社
柏都電機工業株式会社
株式会社東芝テック 奏野工場
インターナショナルアロイ株式会社
多摩川精機株式会社
【中国】
大連キャノン有限公司
大連日本電産有限公司
上海安川電動器有限公司
上海ミネベア有限公司
多摩川香港有限公司
主要銀行 【日本】
三菱東京UFJ銀行中津川支店
飯田信用金庫大島支店
長野銀行 駒ヶ根支店
八十二銀行飯島支店
中小公庫松本支店
【中国】
三菱東京UFJ銀行大連支店
工場区分 【本社工場】
敷地1580m2 建物1433.5m2
全室空調
【第2工場】
敷地452.5m2 建物330m2
全室空調
【第3工場】
敷地2,588m2 建物1,093m2
全室空調
【子会社】 大連芳和精密機械公司
敷地7,400m2 建物述べ3,500m2

 

品質管理・社内整備の徹底

日本本社
2001年7月ISO9001取得。
2004年9月ISO14001を取得。
大連工場
2005年3月ISO9001を取得。
国内外の品質管理、整備において徹底させております。

 

 

本社
本社


本社工場
本社工場


第二工場
第二工場


第三工場
第三工場


第三工場内
第三工場内

関連会社

中国大連工場

 

中国大連工場内

中国大連工場

 

中国大連工場内

 

関係会社

場所 中国大連出口加工区ⅡC-2
資本形態 日本、本社独立資本
登録会社名 大連芳和精密機械有限公司
役員構成 董事会 4名  桃澤克芳 桃澤喜久美 桃澤清志 市村福成
董事長 (株)芳和精機  代表取締役 桃澤克芳
会社代表 総経理 市村福成 (株)芳和精機 取締役 製造部次長
総資本金 120万ドル
面積 土地面積7,400平方メートル、建物総面積3,500平方メートル

 

沿革

1968年(昭和43年) 4月 芳和精機製作所 設立
1973年(昭和48年) 7月 資本金100万円にて有限会社芳和精機設立
1977年(昭和52年) 4月 第一次5ヶ年計画5案実施
投下資本 5,000万円
1981年(昭和56年) 3月 増資100万円→300万円
  12月 第一次5ヶ年計画終了
1982年(昭和59年) 2月 第二次5ヶ年計画5案実施
工場用地の確保、新工場の建設、設備の増設
投下資本 8,000万円
1983年(昭和58年) 5月 第二次5ヶ年計画を3年に圧縮
全計画終了
  6月 第三次5ヶ年計画立案実施
1985年(昭和60年) 5月 増資300万円→925万円
1986年(昭和61年) 5月 第二工場建設
  7月 資本金925万円にて株式会社芳和精機設立
  9月 増資925万円→1,850万円
1988年(昭和63年) 12月 第三次5ヶ年計画終了
1989年(昭和64年) 1月 第四次5ヶ年計画立案実施
1990年(平成 2年) 5月 増資1,850万円→2,350万円
  10月 本社工場増設200坪→435坪
1991年(平成 3年) 6月 機械の増設ブラザーNC3台
1992年(平成 4年) 7月 機械の増設ワシノNC2台
1997年(平成 9年) 7月 機械の増設ワシノNC2台
1998年(平成10年) 7月 機械の増設ワシノNC2台・形状測定機
1999年(平成11年) 5月 エアーマイク0.1μ仕様導入5ライン分
ブラザーNC1台
  12月 漏電により出火、本社工場全焼
〈1999年12月再建着工〉
2000年(平成12年) 1月 第二工場へ新規設備導入により生産再開
  2月 本社工場稼動開始
  4月 完全復旧によりフル稼働となる
全投下資本5億円
  6月 海外進出 中国大連芳和精機精密機械設立
開発保税区 独立資本56万ドル
2001年(平成13年) 6月 中国大連市 大連芳和精密機械 設備増強資本金
120万ドルに増資
  7月 本社ISO9001 2000年度版 認証取得
2003年(平成15年) 10月 中国 大連芳和精密機械 大型設備投資
NC旋盤他10台の増強
2004年(平成16年) 9月 本社ISO14001 1996年度版 認証取得
  10月 大型設備投資 本社、大型NC旋盤5台
中国大連芳和精密機械、大型NC旋盤14台
  11月 社債発行 UFJ銀行引き受け 1億円 設備投資資金
2005年(平成17年) 3月 中国ISO9001 2000年度版 大連芳和精密機械
認証取得
社債発行 UFJ銀行引き受け6千万円 設備投資資金
中国 大連芳和精密機械 設備投資NC旋盤10台
    複合加工機 中心の大型設備投資完了 約1億
ISO14001 2004年度版 更新認証取得
    NC旋盤 6台導入 新規取引先開拓
    本社倉庫完成 物流の効率化を計る
    中国 大連芳和精密機械の生産増強の為の新工場稼動
社債発行 UFJ銀行引き受け 1億円 設備投資資金
中国 大連芳和精密機械 大型設備投資
                  NC旋盤25台導入
2007年(平成19年) 3月 機械の増設 ワシノNC2台
  8月 機械の増設 森精機複合加工機1台
  9月
機械の増設 ワシノNC3台
  ブラザーNC1台
2008年(平成20年) 6月 増資 2,350万円→4,700万円
  12月 第3工場完成 鋳造部門(金型製作・鋳造)稼動開始
   
機械の増設 ダイカストマシーン(125t)2台
  金型製作関連機械 計10台
  円筒・平面研磨機 計4台
  ワイヤーカット機 1台
  ショットブラストマシン 1台

 

アクセスマップ


大きな地図で見る